〜VOL5〜 読谷村座喜味 沖縄戦当時県内最大の飛行場だった【北飛行場】と【掩体壕】

読谷掩体壕

沖縄最大の【北飛行場】

現在の読谷村村役場付近は、かつて旧日本陸軍が建設しました飛行場がありました。
村役場の近くは高台ですが、平坦になっており、更に真っ直ぐに伸びた道があり、飛行場の跡地というのがよくわかります。

当時「北飛行場」と言われたこの飛行場は、2000メートルの滑走路2本擁する県内最大の飛行場でした。
建設は戦時中の昭和18年。住民の土地が軍に接収されました。多いときには軍人・民間人合わせて1日7000人も動員され、1年がかりで建設されたとのことです。

沖縄戦が始まると読谷村の海岸から上陸したアメリカ軍は、北飛行場の制圧を目指して進軍を続けます。
日本軍はアメリカ軍に使用される前に自ら破壊して撤退します。
アメリカ軍はそれほど抵抗を受けず、上陸した当日に北飛行場を制圧しました。

制圧したアメリカ軍はすぐに飛行場を整備し、沖縄南部に展開している日本軍に攻撃を開始します。
皮肉にも日本軍が作った飛行場が、日本軍を攻撃するための飛行場となったのです。

これ以降奪還することが出来なかった日本軍ですが、飛行場を奪還するまではいきませんでしたが、何度か飛行場を攻撃しています。

あわせて読みたい【〜VOL6〜 読谷村座喜味「義烈空挺隊玉砕の碑」】

「掩体壕」が沖縄戦の遺構として現在も残る

「北飛行場」の遺構として、読谷村村役場の近くのサトウキビ畑の中には掩体壕があります。
掩体壕とは飛行機爆撃や攻撃から守る施設のことです。

戦後「北飛行場」は嘉手納基地の「読谷補助飛行場」としてアメリカ軍が使用しました。
戦後幾多の交渉の末、返還されたのは21世紀に入った2006年のことです。

沖縄戦当時、沖縄本島だけでも飛行場はなんと7つもありました。広大な飛行場跡地。
それらは現在どうなっているのでしょうか、、

掩体壕

住所
沖縄県中頭郡読谷村座喜味2079
駐車場
掩体壕の前面に駐車スペース有り