〜VOL4〜 読谷村波平 住民の命を助けたガマ「シムクガマ」

多くの避難民が助かった「シムクガマ」

「チビチリガマ」から直線距離1キロの場所にシムクガマがあります。

シムクガマは総延長2570メートルの自然壕です。
沖縄戦当時、波平の住民1000名が避難していました。

1945年4月1日読谷村の海岸から上陸したアメリカ軍は、圧倒的物量と兵力で瞬く間にシムクガマに押し寄せてきました。壕にいた住民は恐怖のあまりパニックになります。

あわせて読みたい【~VOL1~北谷町砂辺馬場公園、アメリカ軍上陸の地「アメリカ軍上陸地モニュメント」】

いよいよアメリカ軍の攻撃が始まり戦車砲が壕の入り口に炸裂、さらにアメリカ兵が壕にやってきました。そこで壕の中にいたハワイ帰りの移民2名がアメリカ兵と交渉することになりました。
必死にアメリカ兵と交渉をした結果(移民の2人は英語を話すことができました。)、中に住民がいるとわかったため、攻撃を中止します。

その後、移民2名は住民を壕をでるため説得を開始しました。
捕虜になることを恐れていた住民を「アメリカ兵は決して住民を殺さない」と説き、住民は投降し命が助かりました。助かった住民は1千人前後だと言われています。

現在、洞窟内にはその2名に感謝の意をこめて記念碑が建立してあります。

住民の命を助けたガマ。
ガマは悲劇の場所というイメージが強いと思いますが、実際多くの方が助かった事例もたくさんあります。

生と死を分けた二つのガマ(ユンタンザミュージアム提供)

シムクガマ

住所
沖縄県中頭郡読谷村波平438
駐車場
なし
電話番号
098-958-2229(波平公民館)

マップアプリでは非常にわかりずらいです。訪問の際、わかなければ波平公民館(読谷村波平655)に立ち寄りましょう。
またシムクガマは入豪可能ですが、ガマ内に川の水が流れ込んでおり、足場が悪く、雨天の際は水量が増水する恐れがあります。そのため、極力運動靴で懐中電灯・軍手などをご持参ください。