〜VOL2〜 読谷村泊城公園内 【アメリカ軍上陸地モニュメント】              

本島中部東海岸にはいくつか「アメリカ軍上陸のモニュメント」があります。

アメリカ軍は1945年4月1日、北谷の東海岸から読谷村渡具知海岸にかけて上陸作戦を開始しました。

北谷から読谷にかけて上陸した理由は、上陸後沖縄本島を南部と北部に二分できることや、読谷には滑走路があったこと、また攻撃を支えるために必要な物資の荷下ろしができる、大きな浜があったことがあげられます。

日本軍が宜野湾から南にかけて持久作戦をとる方針であったため、本島中部西海岸沿岸に置いた部隊は僅かだったこともあり、アメリカ軍はその日のうちに6万人が上陸しました。

あわせて読みたい【〜VOL5〜読谷村座喜味「北飛行場」と「掩体壕」】

現在はビーチが整備された綺麗な海岸



上陸地点の中心となった比謝川河口付近の丘上(泊城公園内)には北谷馬場公園のモニュメント同様、アメリカ軍上陸地の碑があります。

碑が設置してある高台からは、北谷方面への海岸線が見渡せる非常に眺めの良い景色が広がってます。休日になる「馬場公園」同様家族連れや旅行客で賑わいます。

渡具知海岸

当時、この海岸線一帯にアメリカの艦船が押し寄せる光景を目の当たりにした住民は恐怖と不安を感じた事は容易に想像できます。

アメリカ軍の中には日本軍の抵抗が少ないことから、沖縄を早期に制圧できると考えていました。
ここから住民を巻き込んだ凄惨な沖縄戦が始まっていくのです。

渡具知海岸「アメリカ軍上陸のモニュメント」

住所
沖縄県中頭郡読谷村字渡具知228
駐車場
あり
連絡先
098-982-8877(おきなわポークヴィレッジ)
HP
https://www.okinawa-pork-village.com/(おきなわポークヴィレッジ)