〜VOL9〜 西原町小波津 民家にも残る沖縄戦の爪痕「石塀の弾痕」

現在、人が住んでいる民家にも戦争の爪痕があります。

西原町小波津「石塀の弾痕」は、民家の石塀に沖縄戦当時の激しい弾痕が残っています。
石塀の横に説明文がありますが、当時この民家に日本軍の宿舎が置かれていました。

あわせて読みたい【〜VOL7〜 中城村北上原「戦闘指揮所」】

沖縄戦が始まると、東海岸の西原町も激しい戦火にみまわれました。
陸では北部から進行してきたアメリカ軍との地上戦、直ぐ横の中城村からは激しい艦砲射撃、実に西原町では住民の半数が亡くなくなりました。

西原町の小波津周辺は小高い丘がいくつもあり、日本軍が陣地をしいていたこともあり、いたるところでで激戦になりました。その為、この周辺は慰霊碑や戦跡が数多く残っております。

あわせて読みたい【〜VOL8〜 西原町翁長「旧西原村役場壕」】

現在の「石塀の弾痕」

この弾痕は西原町の地上戦の激しさを物語っています。
「石塀の弾痕」は県道155号線の一本中に入った場所にあるので、少しわかりづらいかもしれません。周辺はのどかな沖縄の原風景が広がっています。
沖縄戦の戦跡はいたるところに残っているということを改めて認識しました。

※現在も住民の方がいますので、迷惑にならないよう見学をお願いします。

【小波津の「石塀の弾痕」】

住所
沖縄県西原町小波津440
駐車場
なし

現在も住民の方がいますので、迷惑にならないよう見学をお願いします。