〜VOL21〜 那覇市楚辺 那覇の中心にある戦跡「楚辺の陣地壕」

沖縄県庁や那覇市役所、大型デパート「リウボウ」がある、那覇の中心部の一角にも沖縄戦の戦跡が残っています。

県庁や市役所から車でおよそ5分。賑やかな国際通りとは反対側にあり、細い路地の住宅街が広がっている那覇市楚辺の一角、城岳(グスクダケ)公園内に「楚辺の陣地壕」の跡があります。

この公園は那覇の中心部とは思えないほど、静かな公園です。平日の夕方に行ったのもあるかもしれませんが、誰も人がいませんでした。

琉球王朝時代には拝所があり、3月・6月・9月の祭祀のほか、旱魃時には雨乞いの祈願が行われたそうです。(公園内の案内板参照)公園内は御嶽というとこともあり、より一層静かな気がします。そういえば公園内に御嶽がある所はどこも静かな印象でした。

沖縄戦当時、那覇周辺は沖縄戦唯一の市街戦となりました。
周辺にはいくつもの陣地壕が作られたそうですが、城岳公園内にある陣地壕もその一つです。

沖縄戦唯一の市街戦

1945年5月18日に現在のおもろまち周辺の「シュガーローフ」がアメリカ軍に占領されると、首里の南側を(那覇方面)から包囲するため那覇に侵攻していきます。

あわせて読みたい【〜VOL12〜 那覇市おもろまち 都会の真ん中にある「シュガーローフの丘」】

那覇は「十十空襲」でほぼ市街地は消滅、港湾施設も多大な損害を受けており、両軍ともに戦略的な価値は低いと見られていましたが、日本軍はアメリカ軍の進行を遅らせる作戦をとり、市街戦となりました。

日本軍は那覇の高台に陣地を作り、アメリカ軍を攻撃し続けました。
その一つが、「楚辺の陣地壕」です。

あまり記録が残っていない「楚辺の陣地壕」

「楚辺の陣地壕」はいつどの部隊が作ったのか、詳細はわかっておりません。

アメリカ軍上陸後、空襲などで被害を受けていた県庁の避難先として、県庁に近い本壕に県職員が避難し、ここで業務をしていました。地元の住民の避難場所にもなっていたそうです。

その後、海軍から壕を使用したいとの申し出があったので、県庁の機能は那覇市真地に県庁壕の機能を移動させました。

あわせて読みたい【〜VOL19〜 那覇市真地 県庁などの行政機関が入っていた「シッポウジヌガマ」】

那覇の市街戦で、城岳周辺に配属されたのは特設第6連隊でした。特設という名がついている通り、戦況が風雲急を告げる中、設立された部隊で後方部隊ということもあり、装備は不十分だったと考えられます。

装備が不十分だったにも関わらず、海軍と協力し陣地に潜んでは攻撃を繰り返しました。アメリカ軍は日本軍に手を焼き、多大な損害がでますが、ここでも数に優るアメリカ軍は壕や陣地を一つずつ落とし、城岳周辺を占領します。

しかし、これらの部隊の遅滞作戦により、首里の第32軍の主力部隊が南部へ撤退することができたのです。

現在は静かな公園内にある「楚辺の陣地壕」

壕の入り口は数箇所あったようですが、現在は写真の1箇所のみ確認がとれました。ここも「寿山(カテーラムイ)」の壕と同様に、壕の入り口に鉄格子がつけられていました。しかし、「寿山」とは違い説明板がありません。

壕は総延長300メートルで内部は2層になっており、複雑な構造をしてるようです。しかし先述したようにどの部隊が作ったかは判明しておりません。もちろん内部は入れません。

冒頭紹介しましたが、目と鼻の先に沖縄県庁や繁華街久茂地、大型デパート「リウボウ」があるのに「那覇の中心部でもこれほど静かな場所があるのか」というくらい静かです。国際通りとは雲泥の差です。

公園内には、沖縄県立第二中学校(現在の那覇高校)を学徒隊を祀った「二中健児の塔」がたっており、公園内は御嶽もあり、祈りの場所と認識されているから静かなのかもしれません。

城岳公園は、国際通りからこんなに近いのに 訪れる観光客はほとんどいません。かくいう私も、戦跡を調べるまではこの壕の存在は知りませんでした。

いつも思うのですが、沖縄戦の悲劇を後世に残すため、このような戦跡を次世代に繋げるために、官民合わせて、戦跡の保全に努め、戦跡の認知をいかにしてもらうかが重要だと思っております。

案内板がないのが残念で仕方ありません。

楚辺の陣地壕

住所
沖縄県那覇市楚辺1丁目4
駐車場
なし

周辺は住宅街になっており、路上駐車は絶対にやめましょう。できるだけ公共交通機関で訪れましょう。